Search
  • KIYOSHI MIO

「得点マシーン」ハーデンが渡邊雄太のチームメイトに?! ハーデン、ラプターズ入りの信憑性は?

Updated: Dec 22, 2020


 2017-18年NBAシーズンのMVP選手で、昨季まで3シーズン連続して得点王に輝いているNBAの「得点マシーン」ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンのトロント・ラプターズへの移籍説が囁かれている。


 3シーズン連続で地区優勝を果たしながらも、プレイオフでは結果を残せないでいるロケッツは、主力選手を放出してチーム再建に踏み切っている。

 オクラホマシティ・サンダーでハーデンと一緒にプレーして、2016-17年シーズンにはMVPに選ばれたラッセル・ウエストブルックを昨オフにトレードで獲得したが、僅か1年でウエストブルックを放出。NBAの歴代でも最高級のオールラウンダーであるウエストブルックは、ワシントン・ウィザーズの移籍して、八村塁のチームメイトになった。


 そんな大胆なチーム改革を推し進めているロケッツの最大にして最後のトレードピースがハーデン。

 ハーデンのトレード先はフィラデルフィア・76サーズが本命視されているが、ブルックリン・ネッツやマイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックスも候補に挙がっている。

 ハーデンはロケッツに対してトレードを要求しており、優勝の可能性があるチームとして、シクサーズ、ネッツ、ヒート、バックスの4球団とのトレードを希望。

 ここにきて、ハーデンのトレード先として渡邊雄太が在籍するラプターズも浮上してきた。

 ハーデンの交換条件としてロケッツが求めているのは、チームの核となれる主力選手と複数のドラフト1巡目指名権。ロケッツは強気な姿勢でトレードに望んでおり、どこまでロケッツの要求を下げられるかがトレードの鍵となる。


 一昨季にNBA制覇したラプターズは、昨季もカンファレンス・セミファイナルまで勝ち進み、今季もイースタン・カンファレンスの優勝候補の1つに挙げられる強豪で、ハーデンが望む「優勝の可能性がある」チーム。

 仮にハーデンのトレードに踏み切った場合には、エースのカイル・ラウリー、若手スウィングマンのパトリック・マカウかOG・アヌノビー、2つか3つのドラフト1巡目指名権をロケッツは要求するだろう。


 オールスターに6度選ばれているラウリーは、2012年オフにロケッツからラプターズへトレードされるまで、ヒューストンで3シーズン半プレーしていた。


 ロケッツにとってこのトレードは非常に魅力的である。

 ラプターズからは他のチームよりも価値の高い見返りを得ることができ、ラウリーはハーデンほどの得点力はないが、プレイオフでの経験が豊富なリーダーで、ハーデンが達成できなかったチームを優勝に導いた経験も持つ「勝者」である。

 アヌノビーはさらなる成長が期待でき、「エース」になれなくても、チームの2番手か3番手としてエースを支える選手にはなれるはずだ。



 ラプターズにとって、このトレードはメリットよりもデメリットの方が多い。

 ラウリーはラプターズの精神的支柱であり、彼を失うデメリットは果てしなく大きい。

 ラプターズはチームワークで優勝を勝ち取ったチームであり、リーグでナンバー1のアイソレーション選手であるハーデンが入ることにより、ボールが回らなくなり、チームのリズムも崩れてしまう。また、守備にも力を入れているラプターズにとって、守備で手を抜くハーデンはチームにフィットしない。

 ハーデンとラウリーの1対1のトレードであっても、ラプターズは断った方が得策だ。それほどまでにハーデンはラプターズのチーム・カルチャーに馴染まない存在である。


 日本のNBAファンとすれば、ウィザーズで八村とウエストブルックが一緒にプレーするように、ラプターズで渡邊とハーデンがチームメイトになることはワクワクする。

 しかし、ハーデンのラプターズ入りは噂だけで終わりそうだ。


1 view0 comments

All contents © copyrights 1996-2020 All-American Sports&Entertainment Images. All rights reserved.